言い訳をする理由|言い訳の癖を直す方法

言い訳をする理由|言い訳の癖を直す方法

MENU
RSS

意味の分からない言い訳をする人とはどんな人?

言い訳ばかりしている人というのは、基本的に自分のやりたくないことは何も行動したくないという気持ちが強い人です。
ただとにかく嫌なことをやりたくない訳ですから、言い訳とは特に意味が無くても全く構わないのです。
だだ言い訳をすることで、ああ、この人は素直に謝るのが嫌なんだなとか、人の話を聞くのが嫌なんだなと態度で示していることになります。
言い訳とは、された方の人がたいがいイライラします。
それは、相手が完全に自分を否定しているということを感じ取るからでしょう。
だから、言葉の意味を真剣に考えてしまうと、さらにイライラするかもしれません。
だから、誰かが言い訳をしている時には、その人の言葉の意味を理屈で考えるよりも、この人は何をしたくないのかな?何を避けたいのかな?という部分を見つけ出して、それを理解してあげることが出来たならば、イライラが緩和されるかもしれません。
人が何か行動したくない時というのは、大抵は自分に自信がない時です。
謝りたくない時も、自分が悪いと思い過ぎてしまうと逆に謝れなくなるものです。
ですから、もしも意味の分からないことを誰かが言っていたら、その人に対して自信を持たせてあげるような言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

言い訳の心理的理由

人は生きているうちに言い訳をしたくなるような時がしばしばありますが、その理由には心理的な影響が大きいものです。
何かものごとに失敗した時、または目指していた何かがあって、そのことに背を向けようとした時や、子どもであればお友達を仲間はずれにしてしまったりいじめてしまった様な時、誰かにそのことを問われたら言い訳をしたくなる気持ちになったことが誰しも一度はあるのではないでしょうか。
これには心理的理由が隠されているのです。
言い訳とは事実に嘘の要素がプラスされます。
それは、失敗したこと、背を向けたこと、仲間はずれにしてしまったことなどの逃げられない現実から、どうすれば悪くない立ち位置に持っていけるかということを考えるからです。
この場合とは逆で、冗談を言う機会もあると思います。
言い訳とは違い、冗談には本気が混ざります。
心に秘めていた思いを冗談話に混じえるだけで、聞くがわも構えなくて済むし、話している本人が1番すっきりするという心理的理由が生じるからです。
どちらにせよ、理由があって言い訳をしてしまうので、その理由をできるだけ排除して、本気の混ざる冗談の方を多く言える魅力的な人間になっていきたいですね。

 

 

言い訳をやめることで癖を直すことは出来る?

言い訳をやめることで癖を直すことが出来ます。
言い訳癖でトラブルになった経験はほとんどの人が経験があることだと思います。
私も会社や友達、彼女と様々な場面でトラブルや口論になりました。
そのたびに癖を直すことができないかと考えたことがあります。
私が考え、実践してきたことをお話しいたします。
まず、相手の話を良く聞いてください。
そして直ぐに答えを出さないで下さい。
それが相手にとって言い訳に聞こえてしまうからです。
特に自分が100%悪い場合や少しでも悪いことしたと感じた場合はすぐに謝ってください。
なぜなら自分が100%悪くない場合でも、相手も含め冷静になっていないので口論をやめることが出来なくなってしまいます。
私はまず相手の話を聞き、私が少しでも悪い場合はすぐに謝るようにしています。
そして、自分のどこが悪かったのかを話します。
そうすることで相手は自分が言いたいことを理解してくれていると認識し、冷静になることが出来ます。
そこで普段通りの会話が出来る様になってから自分の言いたいことを言うようにしてください。
そうすることで自分の意見も言え、相手を怒らせることもありません。
こういったことを日々実践していくことで言い訳をやめることが出来、癖を直すことが出来ます。

 

 

急にバイトやパートを休む、うまい言い訳とは?

どんなに真面目に働いている人でも、年に1度ぐらいは急にバイトやパートに行くのが嫌になって休んでしまいたい衝動に駆られることがありますよね。
そんな時はそのネガティブな気持ちを引きずらないためにも、思い切って1日休むというのもひとつの手です。
しかし、突発的なことなので、必ず職場に対するそれなりの言い訳は考えなければなりません。
バイト先やパート先で普段信頼されているのなら、1番信じてもらいやすい言い訳は、自分の急な腹痛や頭痛、また、小さい子供がいる人ならば子供の病気です。
腹痛や頭痛は突然やってきてもおかしくないですし、幼児は何かと病気になるものですよね。
ただ子供を仕事を休む口実に使う場合は、バイトやパート先が家からある程度離れた距離にある場合だけにしておいた方が無難です。
家の近所だともしかしたら元気に遊ぶ子供の姿などを誰かに見られてしまうかもしれません。
そんなことになれば、今まで積み上げてきた職場での信頼が丸つぶれになってしまいます。
それから突発的に休むときの言い訳は、決しておどおどとしてはいけません。
堂々と電話しましょう。
その代わり1日休んでリフレッシュしたら、職場の同僚に迷惑をかけた分もしっかり働いて恩返しをしましょう。
そうすれば人間関係も円満なままでいられるはずです。

 

 

関連ウェブサイトについて紹介

言い訳をする人の中には、言い訳を繰り返していって、借金を膨らませていく人もいます。
そういう人は借金苦に陥っている可能性があります。
借金苦の解決に役立つウェブサイトを1つ紹介します。
借金苦を脱出
http://xn--u8jwggd6251bed1a9nkb56bkxya50d.jp/